YOSAKOIソーラン演舞!!~札幌大学Lafêteのみなさん

6月30日の日曜日午後、札幌大学Lafêteのみなさんがマイラシーク南郷に来て下さいました。YOSAKOIソーランの演舞を行ってくれるためです。午後2時からの開演予定でしたが、午後1時にはみなさんが到着され、率先して会場づくりを手伝ってくれました。あっという間に食堂はYOSAKOIソーランの演舞会場に早替わりです。会場ができあがったら早速リハーサルがはじまりました。

 

たくさんの観衆もあつまり、いよいよ演舞開始です。

 

大音響で音楽が流れ、若々しい掛け声が響き渡って、会場内は、すっかり踊りに魅了されました。

     

1曲が終わり拍手! 2曲が終わり拍手、拍手!   アンコールのリクエストもでて、お疲れのところ、もう1曲、合わせて3曲も披露して下さりました。若いエネルギーを一杯頂いて、入居者の皆さんも、職員も、地域の方々も、これからの暑い夏を元気に乗り切って行くことができそうです。

演舞終了後には、食堂復元のつらい労働が出勤職員に待ち構えているのですが、Lafêteのみなさんは、3曲の踊りの疲れがあったはずなのに、その片付けまですべて、てきぱきと手伝って下さいました。

札幌大学Lafêteのみなさん、本当にありがとうございました。

マイラシーク南郷一同、皆さんの活動を、心から応援しております。

どうか来年もぜひいらしてください。