2020謹賀新年

2020年、マイラシーク塩谷は、インフルエンザ感染の嵐に襲われ、年末年始は、食堂閉鎖が正月明けの3日昼まで続き、いわば散々の年明けでありました。

ただ、インフルエンザに罹患されたご入居の方も、職員も、おしなべて重篤な状態にならずに収束に至ったことは、めでたき新年にふさわしいことでした。

皆様よりご心配を頂きまして、誠に申し訳ございません。また、誠にありがとうございました。

インフルエンザの脅威にめげず、職員有志がめでたき新年に際し、知恵を絞ったエントランス飾り棚の趣向をご紹介申し上げます。

右隅のねずみさんも、中央の「舞楽神社」の鳥居も、職員の手作りです。この「舞楽神社」は「マイラシーク神社」と読むみたいです。

 

さて、鳥居の礎にあるものは………

 

 

ご来館の皆様が、おみくじを引かれて、「超大吉」が出るとささやかな福袋の粗品が当たる趣向です。松の内のあいだ続きます。どうか、今年一年、皆様にとりまして、縁起のよい豊かな歳でありますように。